買取査定額とあまり差が無いなら下取りの方がいいかも?

新しい車の購入が決まった後は乗っている車を手放す準備を進めて行くことになりますが、大体の場合は新しい車の購入が決まった時点で、下取りについての話しになると思います。

その場合に少しでも高く車を売りたい場合は一括査定サイトを利用して他の中古車買取専門業者の買取査定額も参考にしたいので、下取りの査定をしてもらっても、そのまま下取りの契約を交わさないようにした方がいいでしょう。

下取りの査定そのものは、一般的な下取り査定表と呼ばれる表を基準にして査定が行われるので、査定に時間がかかることはあまりありませんが、新しい車を購入する場合は下取りとして車を出すことで得られる特典というのも多くあるので、下取りの査定額が少なくても他の中古車買取専門業者に売るよりもお得な場合があります。

例えばオプションを追加でつけてもらえるとか、下取り車の査定額はこれ以上上げられないが代わりに値引き額を上乗せするとかといった場合です。

下取りの査定が終わった後は下取り査定で提示された下取り価格と新しい車にどれくらいの付加価値をつけてもらえたかということから、下取りで出すかどうか考えて判断することになります。

中古車買取専門業者に買取してもらう方が高く買取してもらえる場合でも、あまり買取査定額に差が無いなら下取りとして出した方が良い場合があります。

これは、その後の関係性が関わってきますが、中古車買取専門業者の場合はその取引で関係が終わりますが、下取りの場合は購入した車のことでお世話になるケースもあるので、後からのことを考えた場合に下取りで出した方が良いこともあります。

いずれにしろ下取り車の査定額の違いだけにこだわるのではなく、トータルで見てどちらがお得になるのかを良く判断して決めるようにすればいいと思います。

このページの先頭へ