買う車が新車か中古車かによって下取りも違ったものとなる

下取りを考えると言うことは、当然ながら前提として新しい車を購入するということになります。

下取りで車を出す場合は、その下取り価格が新しい車の割引に補填することができるので、下取りによる査定額によっても購入する車は変わってくるかもしれません。

またもう一つ、買う車が新車の車か中古の車かによっても車の下取りの有様は違ったものとなります。

まず新車の場合ですが、新車で車を購入する場合はメーカーの販売店から購入する場合がほとんどであり、メーカー系列の販売店にに車を下取りとして出す場合は、下取り車をそのままオークションに流通させることから、あまりメリットがあるとは言えません。

この場合、メーカーとオークション市場に支払うマージンが必要になってくるからです。

一方で、中古車を購入する場合は中古車販売店から車を購入する場合がほとんどだと思います。

中古車販売店の場合は、下取りとして買取した車を自分のお店で再び販売するケースも多いため、乗っている車の下取り査定は一般的な下取り査定表から算出される金額とは異なる場合があるのです。

この場合は需要や供給、装備品やオプション品などが考慮された査定額の計算になってくるので、一般的な下取り査定よりも提示される金額が高くなる可能性があります。

ただし、実際には中古車販売店によって下取りの内容は異なってくるので、それによって査定額も変わってきます。

新車に比べると中古車の方が安いのが一般的ですが、新車を購入する場合は減税や新車割引などの特典もあるので、よく考えた上で新車か中古車か決めていきましょう。

このページの先頭へ