人気車なら下取りでなく買取りの方が有利

下取りで車を出す場合に金銭的なメリットはほとんどありませんが、唯一金銭的な面のメリットであげるとしたら、それは次のようなことかも知れません。

下取り査定は年式や走行距離など車の性能を示す重要な要素だけで大まかな査定額が提示されることが多く、その他の要素は査定額にあまり反映されていませんが、これが下取りで出すことのメリットに繋がる場合があるということです。

中古車買取専門業者の査定を見ると、それぞれの業者によって査定額が大きく違うのが普通です。

これは基本的な査定の相場に加えて、需要や供給のバランスを査定額に反映させているためで、需要が多いと予想される車に対してはプラスαで上乗せして、反対に需要が少ないと予想される車に対しては相場よりも下回る査定額を提示することがあります。

下取りとして今乗っている車を出そうと考えている場合に、その車が需要の無い車だった場合に、買取だと需要の少なさによって査定額が大幅に下がる場合があることに対して、下取り相場というのはそこまで需要に依存しない査定額となっているので、買取よりも高い金額で引き取ってもらえる場合があります。

ただし、これは需要が無い車に対してはメリットがありますが、反対に需要が多い車を下取りで出す場合も需要の多さが査定額にあまり反映されないことになります。

この場合は買取で車を売るよりもかなり不利になることが考えられるので、車を売るまでの時間に焦りが無いのであれば、下取り以外の選択肢で考えることをおすすめします。

まとめて言えば、いわゆる人気車など市場でよく流通している車の場合は、下取りではなく流通相場や地域の需要に敏感な車買取業者で査定売却する方が有利になるということですね。

このページの先頭へ