自分で直せない傷はそのままで下取りに出すのがおススメ

新しい車の購入が決まって、中古車買取専門業者に査定してもらう時間が無いという場合や少しでも乗っている車の売却に手間をかけたくない場合は下取りで車を出すことがお勧めです。

下取りで車を出す場合は相場の金額に沿った査定額が計算されるため、中古車買取専門業者の査定のように相場よりかなり下回った査定金額を提示されるようなことはほとんどありません。

下取り査定の相場は年式や走行距離、車種などによって相場が算出されており、この相場の金額がメインとなって査定が行われます。

さて、下取り車に傷が付いている場合ですが、査定にマイナス評価になってしまうことがあるので、傷が気になる場合は事前に車を治すかどうかというのは悩むところです。

結論から言うと、自分で直せる傷は自分で直して自分で直せない傷はそのまま放っておくという方法がベストでしょう。

大きな傷が付いたからと言って修理工場で直してもらっても、査定のアップ額よりも修理費の方が高く付くことになり、トータルではお得どころか損をしてしまうのが普通です。

自分で修復不可能な下取り車の傷については、そのままにして査定してもらった方がいいと言うわけですね。

ホームセンターで販売されている傷隠しやへこみ直しで外装が修復できるくらいの傷であれば、直すコストもあまりかからないので可能な範囲で直すことをおすすめします。

ただし、直したからと言って必ずしも査定額に反映されるというわけではないので、せっかく自分で直したのに場合によっては直し損になってしまう可能性もあります。

明らかに査定減となるのは爪が引っかかる程度の傷以上の場合だと言われているので、経年変化で付くような多少の傷ならあまり気にしない方がいいでしょう。

このページの先頭へ