ディーラーでは下取り相場表を基準に査定が行なわれる

車を下取りに出す場合にどれくらいの下取り価格になるか気になるところだと思います

中古車買取専門業者の査定額とは違った下取り査定になる場合が多いため、一括査定サイトで大まかな相場を調べても、下取りの査定額になってくるとあまり参考にならない場合があります。

下取り査定の算出方法は車買取業者などの一般的な査定とは少し違っていると考えた方がいいでしょう。

ちなみに下取り査定というのはあらかじめディーラーが用意している下取り相場表と呼ばれる表に基づいて下取り価格が算出されるようになっています。

この下取り相場表を基準にして査定が行なわれていくのですが、中古車買取専門業者の査定と違ってチェックポイントが少ないので、ディーラーが変っても査定額に大きな違いが無いと言う特徴があります。

下取査定の基準というのは、系列のディーラー間で査定額が大きく違って競争になってしまうことを避けるのが主眼になっていると言われることもあるくらいです。

また、中古車買取専門業者に査定してもらう場合は相場よりも大幅に下げた買取金額で、いわゆる買い叩くための提示が行われる場合がありますが、下取りとして出す場合はこのようなことをする販売店は少なく、これは新しい車を販売することがメインであることが大きく関係しています。

車売買において下取りでの買取と車の売却が行なわれる場合に、車の販売店から見ると下取りで買取することがメインでは無いためですが、そのようなトラブルリスクを抱えてまで査定額を誤魔化すメリットが無いということになります。

そのため、下取り査定で提示される金額が下取り価格の相場と考えてほぼ間違いありませんが、季節によって変わる要素や装備品やオプション品によって査定額が変わることもほとんどありません。

このページの先頭へ