4月1日前後の下取りの場合は自動車税に注意が必要

車を所有していると黙っていても支払い義務のあるお金が発生しますが、その中で特に車維持で大きな負担となってくるのが自動車税と呼ばれる税金です。

自動車税は、自動車を取有している全員に課税される都道府県の税金です。

この自動車税は、毎年4月1日に車を所有している人に対して課税される税金なので、この前後に車の購入や車の売却を考えている場合は税金の支払いについて注意する必要があります。

3月に新車を購入し、それまで乗っている車を下取りで出す場合は、新車の方に対しては自動車税が課税されることになり、下取りで出す車に対しては自動車税が課税されません。

4月2日以降に新車を購入する場合は、新車に対しての自動車税の課税は行われないため支払いは不要となり、下取りとして出した車に対して自動車税が課税されることになります。

購入する車がエコカーのような減税対象車である場合は、3月中に乗っている車を下取りに出すことで乗っている車の自動車税の支払いも、新車に対しての自動車税の支払いも不要になるので、この場合は4月にならないように気を付けて車の売買を進めて行きましょう。

購入する車が中古車の場合はまた事情が変わってくることになりますが、自動車税と排気量には関係性があり、排気量に比例して自動車税は高くなってくるため、新しく購入する車の排気量が下取りを検討している車の排気量よりも高い場合は4月までに車を購入して、これとは反対のケースになっている場合は4月以降に車を購入すると良いでしょう。

なお、4月1日直後に新車が納車になりまだ名義変更をしていない下取り車を同時期に引き渡した場合は、自動車税の課税通知が新車の分と下取り車の分と2通届く場合があり得ます。

納車がこのような時期になりそうな場合は事前に販売店に相談して下取り車の自動車税の取扱いについて取り決めをしておきましょう。

このページの先頭へ