車検をきっかけに買い替えするなら下取りが良い

新しい車の購入を検討している場合、乗っている車の車検時期が近づいていることをきっかけにして車の買い替えを検討することになった人も多いと思います。

車検制度が厳格な日本では、車検を受ける場合は大体10万円前後の近く車検費用が必要になりますので、車検を行う前に車を手放してその10万円を新しい車の購入資金に充てた方がいいのではないかという考え方で車の買い替えを行うのも合理的なことであると思います。

このように車検をきっかけに車の買い替えを検討する場合は、下取りで車を売るという方法がベストな方法だと思います。

車買取業者に売る場合、業者は1日でも早く車を引き取りたがるものですが、新しい車の納車のはるか前に引き渡しても業者の都合で代車が出なかったりすることもあります。

また逆に、相見積りなどで時間がかかり買取りが遅れてしまえば、新しい車が納車されてもまだ前の車が残っているという状態にもなりまねません。

その間に車検が切れて公道を走れなくなると、有料で運んでもらうしか方法がなくなり、この費用に関してもトラブルに繋がる可能性がでてきます。

その点下取りの場合は、新しい車の納車のタイミングにピッタリあわせて下取り車の引取りをしてもらうことが可能なので、トラブルの可能性はほとんどなくなります。

代車の確保の心配も不要になりますし、引取りが遅くなって車検切れが心配になるというようなこともありません。

ちなみに知っておいた方がいいのは、車検の残期間が短いからと言って、売却の前に費用をかけて車検を通し車検残期間を2年間にしたとしても、かけた費用に見合う査定額のアップはほとんど見込めないものだという点です。

車検切れの場合でも、費用をかけて車検を通して売るよりも、そのままの状態で売却した方がトータルではお得になるということになります。

このページの先頭へ