下取りは査定された金額を巡ってのトラブルも少ない

車の売買にはトラブルが多くあると言われています。

最近は個人で車を売買する人向けのサポートサイトなどがたくさん出来ていることもあって、自分達で車の売買をするケースが増えていますが、自分達で車の売買をする場合はどちらかが車の売買に対して一定の知識が無いと思わぬトラブルになる場合があります。

また、中古車買取業者に依頼すると安心という人も中にはいると思いますが、中古車買取業者に依頼する場合は個人で売買する場合と違って中古車買取業者側が中古車売買に対しての知識を有していることから、中古車売買の手続きなどが進まないと言ったトラブルは少なくなっています。

その代わり中古車買取業者が中古車売買において知識の違いから優位な立場になるため、査定額や見積もりを巡るトラブルが多くなっています。

例えば「二重査定なし」などという広告をネットで見かけることがありますが、これは契約後に査定額が変更になるという、いわゆる「二重査定」によるトラブルがあることの裏返しだと思います。

一方で、下取りとして車を出す場合は下取りで車を出す際に新しい車を受けとるというのが一般的です。

車の販売店からすると車を販売したことによる収入と下取りで車を買取ることによる収入が期待できることもあって、自分が不利になるかも知れないようなことをすることはほとんどありません。

これが下取りで車を出すとトラブルが少ないと言われている理由に繋がっているのです。

下取りで査定される金額も販売店が独自に査定するというよりは一般的な相場を参考に査定額が提示されることが多いため、査定された金額を巡ってのトラブルも少なくなっていることが、下取りのトラブルが少ない理由です。

このページの先頭へ