下取りでは新車の方に特典を付けてくれる場合もある

車を売る場合に下取りとして車を売ると損をするという話しを聞いたことがある人も多いと思います。

ネットを見ると下取り額と買取額とをずらりと並べて比較し、このように買取の方がお得ですよとアピールしているようなサイトもあったりします。

なぜそう言われるようになったかというと、近年、中古車一括査定サイトと呼ばれるサイトが増えてきており、これによって複数の中古車買取専門業者から査定額を提示してもらって、そこから高い査定額を提示した中古車買取専門業者を選んで車を売ることができるようになったからだと思います。

下取りとして車を出す場合は新しい車の購入店に売ることが決まっているため、こうした一括査定サイトを利用したところで意味が無く、相見積もりもできないので、新しい車を購入する販売店が提示した下取り査定額がすべてになります。

ただし、下取りとして車を出す場合が必ずしも損をするというわけではないと言うことに注意する必要があります。

下取りの場合は確かに相見積もりができないという点でデメリット要素があります。

しかし、新しい車の購入を約束しているわけなので、査定額が低くても下取りとして車を出したことによって購入する新しい車の方に対して新しい装備をつけてくれる場合やオプションを付けてくれる場合など、何かしらの付加価値をつけてくれる場合も少なくありません。

そのため、査定額が低いからと言って他の業者に車を売ってしまうのではなくて、新しい車の購入が決まった段階で販売店と交渉してみることをおすすめしますが、その場合に平均的な査定額の相場が分かっていると、それが下取りであっても販売店と査定額の交渉が出来る場合があります。

このページの先頭へ