敬遠される事故車でも下取りしてもらえる場合もある

下取りに出すかどうか悩んでいるということは、新しい車の購入は決まっているということだと思います。

新しい車として中古車の購入をしようとする場合、中古車を販売しているお店に足を運んでみると、それぞれの車に事故歴や修復歴の有無を書いてあるのが分かると思います。

事故歴のある車だと極端に販売価格が下がっており、年式が新しい車であっても無料同然の金額で売られていることがあります。

そもそも、事故歴や修復歴というのはどういう状態のことを言うのか疑問に思う人もいるかもしれません。

事故歴や修復歴というのは過去に自動車事故を起こしている車のことで、外装や内装に傷が付いた場合に外装修理だけで済む事故の場合は事故歴や修復歴のある車とは言わず、車の骨組みの部分の修理をした車が事故歴や修復歴のある車と言われています。

例えばボディーの凹みなどだけで骨格部分に損傷がなければ、事故に逢ったことのある車でも「事故車」あるいは「修復歴車」とはなりません。

これら事故車、修復歴車がなぜ安価で取引されているかというのは、車の幹である骨格部分に傷が付いたということで、いくら直したとは言っても、今後走っているうちに骨格部分などに具合の悪いところが出てくる可能性がゼロとはいえないからです。

通常の車と違い修復歴のある車はそうしたリスクが消しきれないために安価で販売されています。

事故歴や修復歴がある車の場合は買取りしてくれる業者もあまりいないので廃車という形で手放すことになる場合が多いのですが、下取りとして出す場合は買取りや引き取りしてもらえる場合があるので、自分で判断して廃車に出すのではなく、新しい車の購入を検討している販売店に相談してみましょう。

このページの先頭へ