下取り、買取り、価格以外も考えればどちらが得か

乗っている車を何らかの理由で売ることになった場合に、車を売る方法としては中古車を買取ってくれる買取業者に車を買取ってもらうか、インターネットオークションなどを利用して自力で乗っている車を売るという方法などがあります。

また、新しい車の購入が決まっていて、乗り換えると言う目的で乗っている車を手放す場合は新しい車のディーラーに車を下取りに出すという方法があります。

この車下取りという方法は車を手放す方法で最もポピュラーな方法でしたが、これは車を手放す理由として新しい車を購入することが決まったという場合が多いためでした。

この下取りという方法には、車を引き取ってもらうところと新しく車を購入するところが同じなので、車売却、車購入のそれぞれの手続きが一箇所ででき面倒ではないという特徴があります。

また、車を購入するということはしばらくそこの車屋でお世話になると思うので、下取りで出しておくことで、車の販売店もメリットがあるため、そういった視点からも下取りとして車を売るという選択肢は有効な方法と言えるでしょう。

一方、最近は中古車買取業者なども買取りのスピードをどんどん上げており、新しい車を購入するところと車を買取に出すところが違っていても、即日で車を売って買うことができるようになっています。

さて、このディーラー下取りと車買取店の買取り、売却価格という面から見ればどちらがお得になるのでしょうか。

車下取りは下取り査定と呼ばれる査定を通して金額が提示されるのが一般的ですが、下取りによる金額の提示は中古車買取査定額などから比べても低い場合が多く、少しでも車そのものを高く売りたい場合はあまりメリットがあるとは言えません。

なぜかというと下取りを行うディーラーは、車販売の専門店ではありますが車買取のの専門店ではありません。

その査定基準も系列のディーラー間で査定金額に差が出ないようにすることが主眼になっていて、その時々の現実の相場に沿ったものにはなっていません。

車は元が高額なため、それが中古であっても市場価値が高い場合が多くなっていますが、下取りで出す場合は固定的で平均的な査定基準によって下取り査定額が提示される場合が多く、現在では、少しでも高く車を売りたいという場合は下取りでは無く車買取店の買取りによって売却することが多くなっています。

また、下取りには無い買取りの大きいメリットは、1社だけでなく複数社の買取額を比べて一番有利なところに売却するという方法が採れることです。

新車ディーラーの下取りだと他社との査定額の競争はありえませんが、買取りだと各地域にある車買取専門店の何箇所かに査定してもらい、その結果を比べて売却先を選ぶことができるのです。

車買取店に先に査定してもらってからその結果を基にディーラーと下取り価格の交渉を行うという方法も可能ではありますが、ビジネススタイルの違いなどから見てディーラーが車買取専門店よりも高額の査定額を出すのはかなり難しいことでしょう。

これは決して珍しいことではないのですが、新車ディーラーでは下取りした車を車買取専門店に転売して利益を上げているといいます。

愛車を下取りに出した人はなんか騙されたような気になるかも知れませんが、これはれっきとした事実です。

このことが下取り価格より買取り価格の方が有利なことをの如実に物語っていると思います。

売却価格よりも手続きの簡単さや新車購入後のディーラーとの付き合いを優先する場合は下取りもいい選択なのでしょうが、価格を優先するのであればやはり車買取店での買取で売却するというのがお得になるということになります。

ただし、必ず複数の買取り店を競争させるという鉄則を実践することが条件ですが。

このページの先頭へ